まぃ ばでー

∮゚.+。⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒。+.゚∮

 そこには、

 まだ大学に入学したてのうかれぽんちで、金髪みたいな髪の毛

 をした18歳の私がいました。

 

 当時、寮生活をしていた私。

 外泊届けを出して、友達と遊びに出かけました。

 

 

 散々遊んで寮に戻ってきた時間は明け方5時。

 寮の鍵は閉まっていました。

 私は1階だったので、出かける前に窓の鍵だけを開けていきました。

 

 

 ゴソゴソとベランダをよじ登りしめしめと窓から部屋に入り

 軽く休んだ後バイトに出かけていきました。

 

 

 

 

 そんな事くらい

 ヨユ~ヨユ~

 

 朝飯前だった18歳の私。

 

 

 

 

 

 

 

 そして、ここには

 大学在籍も5年目、学内ではすっかり肩身が狭くなり

 髪の毛も黒く、あの頃より少しばかり落ち着いた私がいます。

 

 

 

 

 

 留学組の友達の誕生会をすることになり、

 昨日は友達の家でご飯を食べ、少し飲みそれから

 ちょっと外で遊ぶことに。

 

 テンションもだいぶ上がってるし、

 そうとう騒いで、ちょっとおかしくなっていました。

 気づけば3時…

 それから友達宅へ戻りそれだけでは済まず、喋りたおす。

 寝たのは(寝たのか?)5時ぐらい。

 そして、9時半からはおばいつぉです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 ウ ト ウ ト・・・

 お客さんの足音で起きる始末。

 そして、眠いだけではなく

 元気が出ない。

 どことなく上の空やし

 

 若干、胃痛・・・

 そんな22歳の私がいます。.

 

 

 

 

 それでも、私はまだ若いモン(。◕ˇεˇ◕。)

 

 

 午後からは、そんな眠気を吹っ飛ばすために、

 課長さんと、もう一人のバイトの人で

 折り紙大会やってました((笑´∀`))ヶラヶラ

 あ、もちろん仕事もやってますよ!!

 

 

 

 あッ☆

 CUCUMBERのペプシ飲んでみました。

 ピクルスみたいな味がしました。

 4人で分けっこして飲んだのに…

 

 3分の2以上残るという結果になりました。

 

 多少の体力の低下を感じたトコロに、

 きゅうりのペプシが追い討ちをかけてきました。

 

 そんな、CUCUMBERのペプシは

 泊めてもらった友達の妹にプレゼントしました((ヾ(∀´*)アヒャヒャ

 ごめんちょ(。-人-。)

∮゚.+。⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒。+.゚∮

| | コメント (8)